11月の灯

好きだからこそやるんじゃない やってるからこそ好きなんだ

日報:2019-09-06 ニトソニ20thお疲れ様でした

f:id:asap1118:20190906194331j:plain

 改めまして、「NITRO SUPER SONIC 20th Anniversary」お疲れ様でした。

 素晴らしい時間と、この瞬間のために20年分の時間があり、今現在も蓄積されているのだ、という事に思いを馳せております。

 

 今回は構成的にニトロプラスの歴史」であり、その「歴史」を始めるにあたり浪巫謠パートで「露払いは俺が務めよう」からの西川貴教さん、Thunderbolt Fantasy2期OP「His/Story(ヒストリー)」が一発目という構成、やりたかったんですね……という感じでニッコリしてしまいました。聞いてる瞬間は「ヒギィーッ!!」みたいな内心でいつつも1曲目からブチアゲでサイリウムを振っていたしサビ後のコーラスで全力でwowwow叫びました、1曲目からコレ。コレが3時間半!!!!

 

 何年かごとに遡りつつ映像ダイジェストでニトロプラス制作、あるいはメインスタッフとして関わった作品が流れたのですが、可能な限り取りこぼすことなく作品を入れてくれて(移植版もその都度)、その姿勢がとても嬉しかったです。怪獣娘はなかった気がするから、権利的に難しかったのかもしれぬ。

 

 出演者一覧にいなかった小野正利さんが凍京NECROのOP「凍京レクイエム」、装甲悪鬼村正OP「MURAMASA」、吸血殲鬼ヴェドゴニアOP「WHITE NIGHT」と3曲も歌ってくれたの、奇跡にもほどがある……ご本人ったら「呼ばれたから来ちゃった」などとおっしゃるしもう……。アリーナ最前列で小野正利さんの音圧を浴びてしまったので、生きるしかなくなってしまいましたね……。

 

 ニトロプラスも20年と長くやっているので、客層も年齢も様々のためサイリウムの色どうするんですか?みたいな感じでしたが、天使の二丁拳銃OP「さめない熱」は一面が天使の羽の白、スマガOP「(a) SLOW STAR」の時はスピカ、ガーネット、ミラの赤(ピンク)、青、黄になっていて嬉しかったなぁ。全体的に真っ赤になる曲がおおかったのはまあ……ニトロだから仕方がないね!

 

 全てについて話したい気持ちはあるのですが、特筆したいのが

 「布袋人形の操演ライブ」です。

 神悔魔械・祭理雲夢の力によりありとあらゆる空間・時間軸がごっちゃになってしまったことにより、サンファン1話の殤不患VS殘凶が異なる形で再演されたのですが、そのシーンをステージ上でライブ操演するという、ファン感涙ものの代物で……。

 今でこそ布袋劇は「テレビで見るもの」となりましたが、ステージで行われた布袋劇は本来というか、布袋劇の起こりの形態そのもので、1周して帰ってきたような気持ちになりました。見ている瞬間は「生きてる……ヤバいマジで生きてる……!」しか考えられませんでしたけどね!本当になめらかに動いて、「息」があるんですよ……布袋劇イベントのファンサですらない、ガチの「操演」を生で拝む機会、もうないんじゃないかな……。

 

 あとはもう社長、ありがとうな社長。愛をありがとう。

 これからもニトロプラスが送るコンテンツを楽しみにして生きていきます。でもDL販売中のエロゲまで2106円はやりすぎですよ!?(何本か買いながら)